日本和装認定協会〜名古屋市と近隣都市の安心して通える着付け教室〜

月4回のお稽古4,500円!師範コースも同じ受講料!

HOMEブログ ≫ おでかけ情報 ≫

着物好き~♡ ある日の出来事

Vol.10【名古屋】着物でおでかけ・おすすめスポット紹介|文化のみち

着物で おでかけ
大正ロマンの雰囲気は、なんだかステキな感じがしませんか?
今回ご紹介するのは、文化のみちです。
文化のみちには歴史的な建物が多く残されているため、名古屋市から「白壁・主税・橦木町並み保存地区」に指定されています。

名古屋市内の他の保存地区については、以下の記事を参考にしてくださいね。

武家屋敷と近代建築が合わさる閑静な住宅街

白壁の街並み
白壁・主税町・橦木町の町並みは、江戸時代の武家屋敷と近代建築の技法を使った建物があります。
地下鉄市役所駅から東へ徒歩10分〜20分ほどの範囲が保存地区です。

歴史的な建物は名古屋市有形文化財や景観重要建造物に指定され、資料館や散策ができる庭園などとして、開放されています。

大正から昭和初期頃に建てられたクラシカルな洋館と着物。
写真映えするスポットではないでしょうか。

文化のみち二葉館
オレンジ色の三角屋根が特徴の「文化のみち二葉館」は、桜のシーズンに訪れるのもオススメです。
車道駅から北へ約1.4キロメートルの道沿いに桜が140本も植えられています。
植えられているのは、よく街なかで見かけるソメイヨシノより早咲きの「オオカンザクラ」という品種。
毎年3月上旬ごろから咲き始めます。
少し早めのお花見が楽しめるスポットですね。

白壁・主税・橦木町並み保存地区の概要

所在地  名古屋市東区白壁、主税町、橦木町
アクセス  地下鉄名城線 市役所駅下車:徒歩10分〜20分
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
白壁・主税町・橦木町の町並みへのアクセス

工房の2階が着付け教室

組紐
日本和装認定協会には、白壁・主税・橦木町並み保存地区へアクセスしやすい教室があります。
日本家屋風の外観をした教室は、1階が組紐工房、2階が着付け教室です。

教室から5分ほど歩くと、「文化のみち橦木館」が見えてきます。
色鮮やかなステンドグラスを鑑賞したり、レトロな雰囲気が漂う喫茶コーナーで休憩したり。
お稽古終わりに着物姿で、訪れてみてもいいですね

【白壁・主税・橦木町並み保存地区に近い着付け教室】
2022年09月23日 05:14

Vol.9【名古屋】着物でおでかけ・おすすめイベント紹介|いけばなの根源池坊展

着物で おでかけ
着付けのお稽古を始めたいと思ったきっかけは、それぞれ異なるものです。
・着たいときにサッと1人で着られるようになりたい
・娘の成人式に着付けをしてあげたい

茶道や華道などの和の習い事で着物を着る機会があったことがきっかけで、着付けのお稽古を始める方もいます。
今回は華道池坊の華道家による、いけばな作品を鑑賞できるイベントのご紹介です。

いけばなの根源池坊展のテーマは「和と美」

池坊展チケット
今回のいけばなの根源池坊展は聖徳太子の法要、1400年忌を記念して開催されます。
テーマは、和と美。
華道家たちが秋の美しさと和のこころを表現した作品、約350作が展示されるイベントです。

池坊で習う小学生から大学生の作品が展示されたコーナーもあります。
新企画のコーナー「いけばな植物園」では、5つのカテゴリーに分けて作品を紹介。
どのようなコーナーなのか、とても楽しみですね!

いけばなと聖徳太子

22561341
池坊でお稽古をしている方にとって、聖徳太子の名前が出てきたことに、特に疑問は持たないでしょう。
しかし、歴史の授業でしか耳にしない層にとっては、「なぜ、聖徳太子?」と不思議に思うものです。
いけばなと聖徳太子のつながりについてご紹介します。

冠位十二階や十七条憲法などを定めた人物として、聖徳太子(厩戸皇子)は有名ですよね。
聖徳太子は「六角堂」を京都市内に創建しました。
この六角堂は、いけばなの発祥の地として後世に伝えられています。

いけばなと聖徳太子は深いつながりがあるとされ、関連する伝記はいくつも残されています。
今回のいけばなの根源池坊展の「聖徳太子といけばな」コーナーで、関連したエピソードやいけばなの歴史などを詳しくご紹介。
貴重な歴史資料を閲覧できますよ。

いけばなの根源池坊展の概要

開催場所 名古屋市中区栄三丁目16番1号松坂屋名古屋店
本館7階大催事場
アクセス 地下鉄名城線 矢場町駅下車:5・6番出口直結
開催期間 2022年9月14日~2022年9月19日
(※開場の時間帯は日によって異なります。)
入場料 1,000円(高校生以下無料)
いけばなの根源池坊展の詳細

秋は着物でのおでかけにピッタリ!

地下鉄矢場町駅直結の百貨店、松坂屋で開催される今回のイベント。
アクセスがしやすいので、お稽古終わりに着物でおでかけしてみませんか?

夏が終わると気候が穏やかになるので、着物でのおでかけもしやすくなりますね。
「どこかオススメの場所はないかな?」と思ったら、ぜひ講師に聞いてください!
ステキな場所へ、どんどんお出かけしてみましょう!
紅葉
2022年09月09日 12:00

Vol.8【名古屋】着物でおでかけ・おすすめスポット紹介|金シャチ横丁

着物で おでかけ
着物を着て、雰囲気も楽しむ食事の時間を過ごしてみませんか?
今回は、名古屋城を散策したあとのランチやカフェライムにおすすめのスポットをご紹介します。

名古屋城の新しい城下町が2018年にオープン

金シャチ横丁
名古屋の観光名所の一つとして有名な名古屋城。
そのすぐ目の前に食事が楽しめるスポットが2018年にオープンしました。
正門前にできた「直義ゾーン」と東門前の「宗春ゾーン」の2つ。
どちらのエリアでもおいしい食事が食べられますよ。

正門前の「直義ゾーン」

金シャチ横丁
正門前に広がる「直義ゾーン」は、江戸時代の商家をイメージした和風建築の建物が並びます。
和の佇まいが着物にピッタリですね。

定番の名古屋めしや伝統的な料理がコンセプトに。
落ち着きのある雰囲気の中で食事をしたいときには、直義ゾーンを訪れてみませんか?

東門前の「宗春ゾーン」

金シャチ横丁(宗春ゾーン)
「宗春ゾーン」は東門前に広がるモダンなスポット。
現代風の建物が並び、「新風・気鋭」をコンセプトにしています。

おしゃれな創作料理を提供する店舗が多めです。
普段は出会えないメニューに出会えるかもしれませんね。

金シャチ横丁の概要

ゾーン名 直義ゾーン 宗春ゾーン
所在地 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1丁目2番3~5号 〒460-0001 名古屋市中区二の丸1番2・3号
アクセス 地下鉄名城線 市役所駅下車:徒歩10分
地下鉄鶴舞線 浅間町駅下車:徒歩10分
地下鉄名城線 市役所駅下車:徒歩1分
駐車場 あり(8時45分~21時30分)(30分180円) あり(8時30分~22時30分)(30分180円)
営業時間 店舗により異なる
(※営業時間10時30分~17時30分が多め)
店舗により異なる
(※最長22時30分まで)
金シャチ横丁へのアクセス

着物姿で優雅なひとときを

着物を着てお出かけをすると、それだけで何だか優雅な気持ちになりますよね。
ただ、歩いたり食事をしたりなど、何気ない動作は洋服とは違うように感じるものです。

着付け以外の所作についても学びたい!
そう思ったときには、『自分で着られる』からステップアップを検討してみませんか?
日本和装認定協会の認定試験では、着物を着たときの所作を学べる受験級もありますよ。

認定試験については下記のブログを参照くださいね!
2022年09月06日 13:00

Vol.7【名古屋】着物でおでかけ・おすすめスポット紹介|有松の町並み

着物で おでかけ
着物姿で散策が似合う美しい町並みが広がるエリアへおでかけしてみませんか?

貴重な歴史的な町並みが今でも残っている地域は、名古屋市内に4カ所あります。
「有松」「白壁・主税・橦木」「四間道」「中小田井」の4つです。
後世にも町並みを伝えるため、名古屋市ではこの4カ所を「町並み保存地区」に指定。
今回は、有松の町並みをご紹介します。

四間道町並み保存地区については以下のページで紹介しています。

有松絞で発展した町

有松絞
有松は、江戸時代に尾張藩の特産品として「有松絞」を製造販売して発展してきた町です。
有松駅から南へ徒歩4分のところにある「有松・鳴海絞会館」では、伝統工芸士による絞実演が見られます。
有松絞の展示販売コーナーや絞の体験教室などもある建物です。

体験教室で自分だけのオリジナルの物を作るのは、楽しい経験になりますね。
興味がある方は、ぜひ予約をしてみましょう。

電柱ゼロの町並みが魅力

有松の町並み
有松地区では、江戸時代の町並みを現代に蘇らせるため2013年から無電柱化を推進してきました。
2016年には、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

電柱を地中に埋め、すっきりとした景観に。
フォトスポットが数多くあるので、着物が映える地区ですよ。
岡家住宅や井桁屋、棚橋家住宅などの町家建築の特徴を生かした建物がたくさん並んでいます。

有松の町並みの基本情報

所在地 〒458-0924 名古屋市緑区有松
アクセス 名鉄名古屋本線 有松駅下車:徒歩5分
駐車場 なし・(有松・鳴海絞会館には駐車場あり)
営業時間 9時〜17時(有松・鳴海絞会館)
有松の町並みへのアクセス

緑区の教室で着付けのお稽古

着付け
日本和装認定協会には、緑区内に教室が2カ所あります。
どちらの教室からでも有松の町並みまでは、車で約10分です。
着付けのお稽古終わりに、車でアクセス。
有松・鳴海絞会館には駐車場があるので安心ですね。

着付けをやってみたい!
そう思ったらまずは一歩を踏み出しましょう。
日本和装認定協会では、見学や体験レッスンがいつでも申し込みできますよ!

【緑区内の教室のご案内】
2022年08月30日 12:00

Vol.6【名古屋】着物でおでかけ・おすすめスポット紹介|四間道町並み保存地区

着物で おでかけ

着物を着て町歩き。
町なかを着物姿で歩いている方を見かけると「素敵だな」と思いませんか?
お稽古で習ったことを活かして、着物でお出かけしてみましょう!

今回は、名古屋駅にも近い「四間道(しけみち)町並み保存地区」をご紹介します。
大都会にあるスポットとは思えないほど、和の雰囲気が楽しめますよ。

江戸時代の面影を残す町並みを散策

四間道
地下鉄桜通線の国際センター駅から北東へ徒歩で約5分。
古い町家や土蔵が多く残る「四間道町並みを保存地区」があります。
名古屋城築城のころに商人の町として発展を遂げてきました。
江戸時代にタイムスリップしたかのような気持ちで散策が楽しめるスポットですよ。

「四間道」の由来

四間道町並み保存地区
「四間道」は、道幅が四間(約7メートル)であることから地名が付いたと言われています。
(※由来は諸説あります)

実は、初めから道幅が四間もあったわけではありません。
1700年にこの地域で大火災が発生。
その後、防火対策として道幅を四間へ広げ、整備が進められました。

四間道町並み保存地区の基本情報

所在地 〒451-0042 名古屋市西区那古野
アクセス 地下鉄桜通線 国際センター駅下車:徒歩5分
名古屋駅下車:徒歩15分
駐車場 なし
四間道町並み保存地区へのアクセス

レトロな町並みを散策して優雅なひとときを

コーヒー
四間道エリアには、土蔵を改装した飲食店や古民家風のカフェなどがあります。
着物で散策したあとは、ランチやスイーツを楽しむのも素敵ですね!
すぐ近くには円頓寺商店街もありお買い物もできますよ。

円頓寺商店街については下記のブログでも紹介しています! 日本和装認定協会は名古屋市内をはじめ、愛知県内に教室が多数あります。
不明点があれば、お気軽にお問い合わせください!
2022年08月18日 15:00

Vol.5【名古屋】着物でおでかけ・おすすめスポット紹介|円頓寺商店街

着物で おでかけ

名古屋で商店街と聞くと、多くの方は「大須商店街」を思い浮かべるのではないでしょうか?
商店街は名古屋市内に今でも点在しており、レトロな雰囲気が漂う場所は着物での散策にぴったり。
今回は、名古屋駅に近い円頓寺(えんどうじ)商店街をご紹介します。

昔懐かしい下町の雰囲気が色濃く残る円頓寺商店街

円頓寺商店街
円頓寺商店街は名古屋駅の北西にあり、古くからある商店街の1つです。
国際センター駅と丸の内駅から徒歩8分ほど歩いたところにあります。

アーケード街なので、天候に関係なく散策がしやすい場所です。
老舗店舗から個性的な新しいお店まで、約30店が並んでいます。

圓頓寺の門前町として発展

円頓寺
円頓寺商店街の中にはお寺があります。
商店街はもともと、この「長久山圓頓寺」の門前町として発展をしてきました。
日蓮宗のお寺で、安産にご利益があるとされています。

円頓寺商店街の詳細

所在地 〒451-0042 名古屋市西区那古野一丁目6-16
アクセス 地下鉄桜通線 国際センター駅下車:2番出口より北へ徒歩8分
地下鉄桜通線・鶴舞線 丸の内駅下車:8番出口より西へ徒歩8分
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
円頓寺商店街へのアクセス

イベントやおまつりが盛りだくさんの商店街

円頓寺商店街では1年を通じてイベントがたくさん開催されています。
たとえば、毎月第1土日は「着物日和」
着物や浴衣で商店街を訪れると、さまざまなサービスが受けられます。
商店街に近い四間道周辺も着物日和デーの実施エリアです。

近隣の四間道町並み保存地区については、下記の記事を参照くださいね!

毎年7月下旬には「円頓寺七夕まつり」が開催されます。
2022年は7月27日(水)~31日(日)の期間です。
期間限定の屋台の出店やセールの実施などがあるので、ぜひ訪れてみませんか?

 

夏は浴衣のレッスン

浴衣
「着物」は、夏の暑い時期に着るのはたいへん……。
夏用の薄い着物を着ても暑さが気になるという方も多いのではないでしょうか?
夏は浴衣と半幅帯のお稽古もできますよ。
家にある浴衣と半幅帯を持って教室に行きましょう!

【教室のご案内】

2022年07月16日 02:53

Vol.4【名古屋】着物でおでかけ・おすすめイベント紹介|大相撲名古屋場所

着物で おでかけ
「着物でおでかけするなら、何かイベントに参加したい」
そう思ったことはありませんか?

今回は着物でのおでかけにオススメのイベントをご紹介します。
暑くなってきたら、サラッと着られる浴衣がおすすめです。
夏は、浴衣でのおでかけにチャレンジしてみましょう。

 

相撲を浴衣で観戦
土俵

名古屋では、7月に大相撲名古屋場所が開催されます。
着物や浴衣を着て、大相撲観戦はいかがですか?
名古屋場所の開催期間中に「ゆかたデー」が実施され、着物や浴衣で来場した方は先着でプレゼントがもらえますよ。

ゆかたデーの詳細

<所在地 〒460-0032 名古屋市中区二の丸1−1 ドルフィンズアリーナ
アクセス 地下鉄名城線 市役所駅下車:徒歩5分
開催日 2022年7月12日・7月14日
時間 各日8時15分〜先着400人終了まで
プレゼント 食べ易い「箸&スプーン」セット
ゆかたデーの詳細

※プレゼントの受け取りには入場チケットの半券が必要です。なくさないようにしましょう。

浴衣でおでかけに向けてお稽古
浴衣で散歩

浴衣は着物に比べると、少ない手順と道具で着付けができます。
「着物でおでかけはちょっとハードルが高い……」とためらっている方は、まずは浴衣でおでかけしてみませんか?
半幅帯をおしゃれに結んで街なかを散策してみましょう。

【教室のご案内】
2022年07月06日 17:00

Vol.3【愛知・一宮市】着物でおでかけ・おすすめスポット紹介|真清田神社

着物で おでかけ
「お稽古終わりに、着物でちょっとお出かけしてみよう」
お稽古で着物が上手に着られたときは、ちょっと楽しい気持ちになりませんか?
そのワクワクした気持ち、大事にしてくださいね!

今回は一宮市内のおでかけスポットをご紹介します。
一宮市内の着付け教室も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
教室とご紹介するスポットは、少し離れていますが車で11分ほどでアクセスできますよ。

一宮市の中心に鎮座する真清田神社

真清田神社

真清田神社の最寄り駅はJR尾張一宮駅と名鉄一宮駅です。
隣接した2つの駅から北へ8分ほど歩いたところにあります。

平安時代から人々の崇敬を集める、とても由緒ある神社です。
2006年には本殿が国の登録有形文化財に指定されました。

写真の一の鳥居をくぐった先に見えるのが楼門です。
一の鳥居の前の広場では、フリーマーケットやワークショップなどのイベントが実施されていることもあります。

縁結びといえば服織(はとり)神社

服織神社
本殿の東側にある服織神社は縁結びのご利益があるスポットとして、有名です。
祀られているのは「萬幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)」。
七夕の織姫と同一視されている神様です。

「織姫=機織りの神様」。
真清田神社がある地域は織物の町として発展したことから、機織りの神様に感謝をして「七夕まつり」を毎年開催しています。
色とりどりの飾りで街中が華やかな雰囲気ですよ。

真清田神社の基本情報

所在地 〒491-0043 愛知県一宮市真清田1丁目2番1号
アクセス JR東海道本線 尾張一宮駅下車:徒歩8分
名鉄名古屋本線・尾西線 名鉄一宮駅下車:徒歩8分
駐車場 あり
営業時間 9時〜17時(祈祷は16時まで)

真清田神社の利用案内・アクセス

一宮市内で着付けのお稽古

七夕
日本和装認定協会には一宮市内に1教室あります。
教室と真清田神社は駐車場完備なので、車での移動も可能です。
パワースポットとして有名な真清田神社の境内を着物姿で散策してみませんか。

 毎年7月下旬頃には一宮市の一大イベント、「おりもの感謝祭 一宮七夕まつり」が開催。
2022年のおまつり期間は、7月28日(木)〜7月31日(日)です。
お稽古で習った着付けのコツを活かして、浴衣姿で参加も素敵ですね。
おりもの感謝祭 一宮七夕まつりの詳細はこちら▶

【一宮市内の教室のご案内】
2022年06月30日 09:00

Vol.2【愛知・津島市】着物でおでかけ・おすすめスポット紹介|津島神社

着物で おでかけ
「着付け教室でキレイに着物が着られたから、今日はこのまま帰ろうかな」
上手く着られたときは誰かに見てもらいたくて、着物のまま帰りたいと思ったことはありませんか?
キレイな着物姿で、お稽古帰りにちょっと立ち寄りたい津島市のスポットを今回はご紹介します。
近くの着付け教室も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

全国3,000社ある津島神社の総本社

津島神社
最寄り駅の津島駅から津島神社までは徒歩で約14分です。
かつては「津島牛頭天王社(つしまごずてんのうしゃ)」と呼ばれていました。
540年頃に創建され、1,500年近い歴史を誇る神社です。
朱塗りの立派な鳥居をくぐると、写真の建物が見えてきます。

重要指定文化財に登録された建築物が豊富

津島神社の境内には、国や県の重要文化財に登録された建築物が豊富にあります。
本殿・楼門は国の重要文化財、拝殿・南門・摂社(摂社荒御魂社)は県の重要文化財です。
重要文化財に指定された数々の建築物は、1573年〜1673年の間に織田信長や豊臣秀吉、尾張徳川家を中心に寄進されて造られたとされています。

津島神社周辺も統一感のあるレトロな建物

津島神社の周囲も散策してみましょう。
趣のあるレトロな建物が並んでいます。

津島神社・郵便局
瓦屋根の郵便局や昔からある商店などがあり、着物姿での散策にぴったりですね。

津島神社の基本情報

所在地 〒496-0851 愛知県津島市神明町1
アクセス 名鉄津島線・尾西線 津島駅下車:徒歩14分
駐車場 あり
営業時間 9時〜16時

津島神社の利用案内・アクセス

津島市内の教室で着付けのお稽古

日本和装認定協会には津島市内に2教室あります。
どちらの教室も今回紹介した津島神社までは、徒歩でアクセスできる距離です。
着付けのお稽古が終わったあと、着物姿でも散策しやすい立地。
歴史のある境内の中を歩いて、厳かな雰囲気を味わってみませんか。

毎年7月にはユネスコ無形文化遺産に登録された「尾張津島天王祭」が開催されます。
教室で浴衣のレッスンを受けてからお祭りに行くのも素敵ですね。
半幅帯をかわいらしくまたは、シックに大人っぽく結べる方法が学べますよ。


【津島市内の教室のご案内】
2022年06月11日 12:00

Vol.1【名古屋】着物でおでかけ・おすすめスポット紹介|徳川園

着物で おでかけ
着物が着られるようになったからどこかにおでかけしたい!
「でも、どこに行こうか……」と悩んでいませんか。
今回は、5月のおでかけにぴったりの場所をご紹介します。

大規模な和風庭園の徳川園

徳川園
徳川園は、地下鉄大曽根駅もしくは車道駅から徒歩約15分でアクセスできる和風庭園です。
5月に入ると新緑が美しく、着物を着て散策するのにはぴったり。
東海地方の地形を表現した庭園の様子には、壮大さを感じられるでしょう。

5月中旬ごろから見頃を迎える花・スイレン

睡蓮
出入り口の黒門口から入りすぐ右手の池がスイレンを鑑賞できるスポットです。
水面に浮かぶかわいらしい花を楽しんでくださいね。
弧を描いたような形が特徴の西湖堤のすぐ近くでも鑑賞できますよ。

5月中旬ごろから見頃を迎える花・ギボウシ

ギボウシ
下向きに咲く様子が特徴的なギボウシも5月中旬ごろから見頃を迎えます。
庭園の西側にある「瑞龍亭」の手前がギボウシの咲くスポットです。
ギボウシは庭園内にもう1カ所、鑑賞できるところがあります。
「大曽根の滝」の近くもギボウシの鑑賞スポットです。

徳川園の基本情報

所在地 〒461-0023 名古屋市東区徳川町1001
最寄り駅 地下鉄名城線 大曽根駅下車:3番出口より徒歩15分
地下鉄桜通線 車道駅下車:1番出口より徒歩15分
駐車場 あり(30分250円)
入園料 大人300円
開園時間 9時30分〜17時30分 (入園は17時まで)

徳川園の利用案内・アクセス

着物姿での和風庭園散策は風情たっぷり

徳川園では四季折々の花が咲いています。
5月中旬ごろからは今回ご紹介したスイレンやギボウシが見頃です。
徳川園に着物で訪れて、和の雰囲気を満喫しましょう。

日本和装認定協会は、着物を初めて着る方でもチャレンジしやすい体験レッスンを実施しています。
2回完結お太鼓レッスンに参加してみませんか。
着物を着ておでかけすると、いつも見慣れた街がとても新鮮な雰囲気に。
ぜひ、お気軽にお申し込みくださいね。

2022年05月06日 09:00

モバイルサイト

着付け教室 【日本和装認定協会】スマホサイトQRコード

日本和装認定協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!